開業する喜びと心構え~法人化という選択肢~

働き方と求められる心構え

個人事業主としての働き方は、組織から命令されて動く一般のサラリーマンとは異なり、全ての決断を個人事業主が行わなければなりません。そのため、働く際の時間配分であったり資金繰りなどの問題は、すべて個人事業主の責任に帰するところとなります。その覚悟と心構えがなければ、なかなか事業を成功させることは難しいでしょう。ただし、資金繰りに関しては、行政主として国からになりますが、助成金の制度の活用も重要になってきます。この制度は受給の要件を満たしていれば返還する必要はないもので、特に受給に関して使用目的が限定されていないものなどにあっては、いったん受給した後は自由に使用ができるものです。

こうした制度は請求に関しては時間的な制約が存在するのが一般的で、したがって迅速に請求ができるように、準備を行っておくことが大切となります。助成金は個人事業の場合には、主に人件費として受給できるものが主となりますが、その他にも研究等で使用できるものもあり、一般的には人件費関係とこの研究関係が主だとされているところです。なお、研究に関する助成金は、申請から受給までに相応に時間がかかりますので、その間の資金繰りは別途考えておく必要があることに注意が必要です。このように個人で行う事業にとって一番大変なのは資金繰りもその一つですが、その資金繰りをクリアできるだけの心構えと覚悟は、事業開始時点で持っておくことが重要になるでしょう。