開業する喜びと心構え~法人化という選択肢~

法人化で生まれる信用と利益

個人事業主として事業を行っている人が、将来的に活躍するための方法として「法人化」という方法があります。個人で行っている事業を法人として行う事により得る事が出来るメリットとして、給与所得を控除してもらう事が可能な点があるのです。自分の会社が法人となると、給与が法人から直接支払われるという扱いとなりますので、個人事業主に比べて給与所得控除の金額が大きくなる点が利点となります。

また、会社を法人化する事によって取引先から受ける事が出来る信用もメリットの一つです。会社の資金を運用する場合には、法人でなければ金融機関からの借り入れをする事が出来ないという場合が多いと言えます。社会的に認められた会社である事を証明する事が出来る法人という立場を手に入れる事により、融資の際の交渉がスムーズに進むという事も十分に考えられるのです。

そして、事業を法人化することにより、支払うべき税金の金額を抑える事が出来る節税効果も期待できます。事業が上手くいかず、損失を抱える事になってしまった場合であっても、会社が法人として営業を続けている事により、9年間の損失の繰越を行う事が可能になるのです。そのため、短期間に大きな損失が出てしまった場合であっても、長い時間をかけて損失を取り戻す事により、事業を立て直す事が可能となります。
このように、個人事業主の法人化するメリットを上手に利用する事によって、リスクを減らし、将来性の高い会社を作る事が可能になるのです。